Earnhardt/Coca Colaトレーラー

NASCAR & CokeはBig3D社の手法・技術を信頼してレンチキュラーを採用しました。

Big3D.com Worldwideは、Dale Earnhardt Inc.およびスポンサーのCoca Cola用として大型の両面タイプの3Dレンチキュラー壁画ディスプレイを納品したことを発表しました。この大型の壁画は、40フィート/12mの輸送トレーラーの両側面を覆っています。高速道路を移動するトラックでのディスプレイ用のフレーム・システムに固定されています。この途方も無い作品は、2004年7月3日にDaytona International SpeedwayでDEIおよびCokeによって初公開されました。

トレーラーの左右両側面でフリップ画像が見られます。
Dale Earnhardtロゴとともに変化するCokeボトル


Coca-Cola C2ロゴとともに変化するCokeボトル



2004年7月3日の夜にフロリダ州のDaytona International Speedwayの前で撮ったトレーラーの全体写真




画像が変化するよう合成処理されたCokeボトルとCoca-Cola C2ロゴを示すスクリーン・キャプチャ



Cokeボトル、C2ロゴ、合成処理されたアートワークのクローズアップ、およびパネル構成を示す4つの合成処理区域を示すスクリーン・キャプチャ



グリッドラインによって分けられた39フィート/12mのトレーラー全体と、定規線が表示されたDale Earnhardtロゴ区域のクローズアップを示すスクリーン・キャプチャ。右側にあるすべてのPSD層は、この画像の3Dによる奥行きのレイヤーの数を示しています。



これらの写真は制作時に撮られたもので、各パネルをその他すべてのパネルと完璧にレンズ・ラインを調整させる方法を示しています。正面の視覚角度からは、スポンサーのCoke C2ボトルが見えます。中心から左右どちらかにずれた角度からは、Dale Earnhardtロゴが見えます。背景全体には、3Dによる切れ目のない奥行きがあります。目に映る画像全体が同時に変わるようにするには、個々のパネルをお互いにすべて完璧にレンズ・ラインに合わせて調整する必要があります。



このトレーラーの全体写真は、骨組みに固定された48枚すべてのパネルを示しています。このフレームにより、高速での移動中もすべてのバックライト・パネルをしっかりと固定したまま維持できます。


このクローズアップ写真は、個々のレンチキュラー・パネルすべてを固定する1.5インチ/3.8cmの金属製の骨組みを示しています。NASCARの各レース場間の移動中に画像が見えるようにレンチキュラー・パネルを固定する方法として、この方法がもっとも安全です。